ウォーターサーバーを比較するうえで

これからウォーターサーバーを導入しようと考えている方も多いと思います。実際、震災以降安心して飲めるお水のウォーターサーバーを導入するご家庭は年々増え続けているのです。ウォーターサーバーのメーカーも多く、どれにすればいいの?と悩んでしまう人も多いと思いますが、実は比較する上で重要なポイントさえ把握していれば簡単に”我が家にピッタリ!なウォーターサーバー”を選ぶことができてしまうのです。

桜子桜子

比較していく上で重要なのは、”何を優先にするのか”です。各メーカーのオススメポイントなどもご紹介していきたいと思います!

 

おすすめウォーターサーバー

フレシャス

フレシャスのポイント

フレシャスは、沖縄・離島を除く全国配送が可能のウォーターサーバーです。

フレシャスの天然水は富士山が採水地となる”フレシャス富士”と、木曽の森林が採水地の”フレシャス木曽”からお好きな天然水を選ぶことができます。サーバーレンタル料は無料~、電気代は月330円~、そしてボトルは7.2リットル1,080円とリーズナブルな価格がポイント。ランニングコストが掛かりにくいメーカーとしても人気があります。

更に、フレシャスのオススメポイントは美味しいお水だけではなく、サーバーのデザインです!大人気のフレシャスdewoはグッドデザイン賞を受賞したサーバーで、業界でも珍しい賞を受賞しているのです。お部屋の雰囲気から自然光まで細かいところまで考えられたデザイン、カラーバリエーションが自慢のウォーターサーバーです。業界でも最小を誇るキャリオシリーズも人気。家族構成や、サーバーのデザイン、いろんな”こだわり”が詰まっているウォーターサーバーで最近とくに話題になっているメーカーでもあります。

デザイン・ランニングコストなどを優先にしたい場合、とくにオススメなメーカーがフレシャスになります。

・デザインがおしゃれ
・電気代が安いのでトータルコストで優れている
・お水がおいしい
・一人暮らしでも安心のスキップシステム(水配送を隔月にできる)

 

 

コスモウォーター

コスモウォーターのポイント

ウォーターサーバーメーカーの中でもとくに人気があるのはこのコスモウォーターです。

大体どこのランキングを覗いても、このコスモウォーターは常に1位,2位をキープしているほどの人気でランキング上位の常連さんでもあります。

コスモウォーターはワンウェイ方式を採用しているので、お水が入ったボトルの保管場所に困ることもありません。初期費用や送料、サーバーレンタル料も無料になるので、コスモウォーターは注文したボトルの料金+電気代だけでオッケー!維持費がかからないのも嬉しいポイントです。

コスモウォーターのお水は、3種類の天然水とRO膜という特殊なフィルターでろ過されたピュアウォーター(RO水)の合計4種類から目的や用途に合わせたお水を自由に選択することができます。もちろん、選んだお水は後からでも自由に変更することができるため飽きにくい、というのもオススメポイントなのです。

ボトルの料金は12リットル1,760円、電気代は月403円~と安いのも人気の理由の1つになっています。

飲み終わったボトルは、小さくたたんで自治体のルールに従ってポイできるのも便利ですよね。

・水代・電気代が安くトータルコストに優れいている
・女性でも楽々、水が床置き設置タイプ
・天然水がおいしい

 

 

サントリー天然水サーバー

サントリー天然水サーバーのポイント

南アルプスの天然水、でもおなじみのサントリー天然水サーバー。

提供するお水はもちろん、サントリー南アルプスの天然水となります。普段からこのお水をペットボトルで購入している人にとって便利なサーバーとなっています。

オススメポイントは、ブランドのお水を飲めるという事以外に1日1回自動で熱湯を循環させてサーバー内を除菌してくれる”おいしさキーパー”を標準搭載しているところ。実はサーバーは常に濡れているのでその衛生面が懸念されることが多いのですが、サントリーの天然水サーバーはこの1日1回自動で除菌を行ってくれるため、清潔なお水を飲むことが出来るのです。

ただ、サントリーのサーバーは毎月のレンタル料1,080円(税込み)がかかります。サーバー料金と含めてお水の計算をすると、500mlあたりおよそ80円となるのでそれでもペットボトルを購入するよりは経済的ですね。

宅配システムは、定番のワンウェイ方式を採用しているため、使用済みのボトルはそのままポイすることができ回収不要となります。お水の料金は7.8リットルで1,040円。

サーバー内の雑菌が気になる・南アルプスの天然水をよく飲んでいる、という方には大変オススメのサーバーになります。

・スタイリッシュでおしゃれなデザイン
・トータルコストで優れている
・温度調節が詳細に設定できる

 

 

プレミアムウォーター

プレミアムウォーターのポイント

宅配エリア:全国、のプレミアムウォーター。

提供するお水は2種類の天然水と2タイプのウォーターサーバーで、宅配システムはワンウェイ方式を採用しています。プレミアムウォーターもサーバーレンタル料+送料は無料になるので、毎月かかるのは電気代+お水の料金のみでランニングコストが掛かりにくいメーカーになります。

プレミアムウォーターのサーバーは2サイズ(床置きタイプ・卓上タイプ)で4カラー(プラチナシルバー・プレミアムブラック・ピュアホワイト・べピーピンク)から自由に選ぶことができ、ボトルのホルダーカラーも3カラーから組み合わせることができるようになっています。お部屋の雰囲気を損なわない、設置する場所にピッタリなサーバーを選べるのがポイント。

お水の料金は12リットル1,620円で500mlあたり67円~、電気代は月504円~、月額費用は3,464円~になります。

プレミアムウォーターは無料で利用できるお客様専用アプリを使えるのですが、これ意外と便利で次回配送日の確認や変更なども簡単に出来ます!このアプリを使えるメーカーは無いので一人暮らしの方や、家を留守にすることが多いという方にはとくにオススメのメーカーとなります。

・女性にも優しい床置き設計
・美容・健康に優れた天然水
・専用アプリで楽々配送

 

 

うるのん

うるのんのポイント

お水の品質管理にとにかくこだわっているうるのん。

月に2回、放射性検査を行っているなど徹底した品質管理が自慢の天然水を提供しています。この品質管理は業界でも屈指と言われています。

お水は富士山ふもとからくみ上げ→クリーンルームへ運ばれ→目視による検査をして→ボトリング→第三者機関で放射性検査を依頼、という徹底ぶり。

赤ちゃんも安心して飲めるお水、としてお子さんを持つママにも高い評価を得ているメーカーでもあります。美味しく安全なお水にこだわる方にとくにオススメなメーカーで、初回は2本無料で試すことができます。また、新規キャンペーンだけではなく実は長期的に利用している人にも嬉しいキャンペーンも行っているので長期ユーザーにも優しいメーカーでもあります。

サーバーは床置きと卓上の2タイプから選ぶことができます。うるのんは、うるのんにしかないサービスも自慢!ユーザーだけの特典として健康相談を無料で利用できます。看護師・栄養管理士・育児アドバイザーに健康についての相談を利用できちゃいます。もちろん、急なトラブルでも安心な24時間365日対応!

宅配システムはボトルの管理が必要のないワンウェイ方式でボトル回収は不要になります。飲み終わった後の処分も簡単!

・女性にも優しい床置き設計
・健康相談が無料で出来るのでご年配の方にもおすすめ
・初回2本無料

 

 

ウォーターサーバーのおすすめ比較ポイント

赤ちゃんや子供がいるなら軟水を選ぶ

桜子桜子

万が一の時の備蓄水としても大活躍するウォーターサーバーですが、赤ちゃんや小さなお子さんがいるご家庭の場合どこのお水が一番オススメなのでしょうか。

まず、各ウォーターサーバーメーカーが提供しているお水の種類は大きく分けて2種類。

”天然水”と”RO水”になります。

天然水とは

各メーカー特定の採水地で採水されたお水です。地中に含まれているミネラルがお水の中に溶け出しているので、カラダに良いと言われているミネラル分をお水と一緒に摂ることが出来るようになっているのがこの天然水です。日本だと富士山の麓を採水地としている場合が多く、他にも京都や阿蘇などが採水地というメーカーも。日本という島国の性質上、基本的に天然水でも”軟水”が多いです。

 

RO水とは

RO膜と呼ばれる特殊なフィルターでろ過されたお水になり、RO膜でろ過されたお水のことをRO水、ピュアウォーター、純水と呼ばれます。ここで使用されるRO膜はダイオキシンや放射性物質をはじめとする有害物質はもちろん、カラダに良いとされるミネラル分までろ過してしまうためRO膜を通して残るのは水分だけになります。ピュアウォーターではないRO水は後から人工的にミネラル分を添加する場合が殆どです。こちらもミネラル分を一切含まないため、”軟水”になります。

 

赤ちゃんにはミネラルの少ない軟水がいい

赤ちゃんにとって一番安心できるお水というのは、ミネラル分が少ない”軟水”となります。

お水というのは、お水の中に含まれているミネラル分の量によって”硬水”と”軟水”に分けられます。ミネラル分を多く含んでいるお水を”硬水”、ミネラル分が少ないお水を”軟水”と呼びます。

・硬水(硬度120度以上~)→ミネラル含有量300mg/1L
・中硬水(硬度60度~120度未満)→ミネラル含有量100~300mg/1L
・軟水(硬度0~60度未満)→ミネラル含有量0~100mg/1L

 

桜子桜子

日本の水道水は”軟水”で、赤ちゃん用の粉ミルクはこの水道水を使用して作られることを前提として製造されているのがポイントです。

軟水は日本人の口に合っていて、飲みやすく風味を損ねないのがポイント。もちろん、赤ちゃんも安心して飲むことが出来るのがこちらの軟水になります。

軟水の反対、ミネラルを多く含んでいる硬水は主にヨーロッパなどでよく飲まれているお水になります。

マグネシウムやカルシウムといったミネラルをたくさん含んでいて、便秘解消やスポーツ後のミネラル補給にもピッタリです。美容や健康の為に飲んでいる方も多いのではないでしょうか。

そして大人にとって積極的に摂りたいミネラル分でも赤ちゃんにとっては内臓へ負担を掛けてしまうので赤ちゃんにはミネラル分の含まれていないお水を選んであげることが必要になります。

お水にミネラル分が多く含まれていると、下痢を引き起こしてしまいやすくなってしまうのです。実は、硬水というお水は大人が飲んでも体質に合わないとすぐにお腹が緩くなってしまうということもあるのです。

赤ちゃん用の粉ミルクというのは、ミネラルなどの栄養成分がしっかりと計算されてバランスよく配合されているため、わざわざお水にミネラル分が入っている必要も無いのです。ミネラル分を多く含む硬水をミルクに使ってしまうと、ミネラル過多となってしまい結果として赤ちゃんの胃腸に負担を掛けてしまうのです。

 

赤ちゃんにおすすめなウォーターサーバー

フレシャス

富士は硬度21度のお水、木曽は硬度20度のお水といずれの天然水も硬度が低く赤ちゃんにも飲ませることが出来るお水となっています。

デザインでフレシャスに決めた!という方も多いと思いますが、実はフレシャスが提供している天然水は赤ちゃんの粉ミルクでも安心して利用することができるお水でもあったのです。電気代なども低いフレシャス、ランニングコストが気になるご家庭でも気軽に取り入れることができるメーカーとして大変オススメです。

コスモウォーター

サーバー内の環境にも徹底的にこだわっているコスモウォーターを導入しているご家庭は多く、自動的にクリーニングしてくれるお陰でいつも綺麗なお水を飲むことが出来ます。

提供するお水はもちろん”軟水”なので、赤ちゃんの粉ミルクでも問題なく使用できます。また、サーバーだけではなくボトル内までクリーンエアシステムを標準搭載。

これはボトルやタンクの中を出来だけ無菌状態にキープする事が出来る、というもので空気に触れたお水というのは雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。とにかく衛生面にこだわりたいママにオススメのメーカーがコスモウォーターです。

プレミアムウォーター

iTQi2016、モンドセレクション2016の2つの賞を4年連続でW受賞していることでも知られるプレミアムウォーターのお水。多くの雑誌でも紹介されていることで、名前は知っている!という方も多いのではないでしょうか。

プレミアムベビークラブへ申し込むと、他のメーカーにはない特典を受け取ることができます!
「特典1.通常は有料の初回設置サービス無料!」

「特典2.12リットルのボトル1本が通常1,900円(税抜)なのにボトル1本1,300円(税抜)」

「特典3.月ボトル2セット以上の注文でサーバーレンタル料が800円/月(税抜)に!」

といった魅力的な特典を受けことができます。

赤ちゃんが産まれてサーバーを検討する場合はこういった特典があるメーカーもオススメです。

 

電気代でウォーターサーバーを比較する

桜子桜子

ウォーターサーバーを比較する上で一番気になるのはお水の代金だけではなく、電気代も含まれると思います。

実際、”ウォーターサーバー 電気代”で検索すると、”高い”というキーワードが出てくるので、電気代を気にする人が多いのがよく分かります。ウォーターサーバーの電気代は、同じメーカーでも利用するサーバーによって電気代が大きく異なるということも。基本的に、冷水・温水を利用できるサーバーは電気代が高め。エコモードを標準搭載しているサーバーはレンタル料が掛かったりするので、結局エコモードを搭載していないサーバーと同じくらい・・・となることもあります。

電気代で比較をした時に、とくにオススメなメーカー3社を詳しくご紹介してみます。

フレシャス

オシャレなウォーターサーバーとしても人気があり、グッドデザイン賞を受賞したこともあるこのフレシャスですが、実はフレシャス(デュオ)は業界でも屈指の安い電気代を誇るメーカーとして人気も高いのです!

2014年10月~新たに仲間入りしたフレシャスデュオ。これまではアクアクララがぶっちぎり1位だったのですが、フレシャスデュオの登場でアクアクララの電気代がかすむほどに。グッドデザイン賞も受賞したフレシャスデュオの電気代ですが、

月の電気代通常モードを利用の場合・・・558円~/月
エコモードを利用の場合・・・357円~/月

 

フレシャスデュオのサーバーはエコモード標準搭載機器となるので、これだけ安い電気代をたたき出すことが出来るのです!

ちなみに、サーバーレンタル料ですがお水の注文2箱未満の月は500円掛かります。一ヶ月2箱以上の注文でサーバーレンタル料は掛からない、ということになります。

お水をあまり注文しないご家庭からすれば少々割高感が否めないのですが、電気代エコモード使用357円+サーバーレンタル料500円を合わせても他社メーカーの電気代1,000円に比べても安いんです。

※フレシャスで安いのはこのデュオになるのですが、既にフレシャスで他のサーバーを使っている方でも、手数料5,400円でデュオに変更することが可能です。ランニングコストを考慮すると、デュオにする方がお得ということもあるので要検討ですね!

コスモウォーター

毎月の電気代がお得!なメーカーはまだまだあります。その中の1つ、コスモウォーターも安い電気代をたたき出してくれることでも有名!宅配水トップシェアを誇るメーカーでもあるコスモウォーターですが、静岡・大分・京都・RO水と4つの豊富なお水を選べるため自由度も高いメーカーでもあります。また、業界でも珍しいボトル足元設置で女性1人でも気軽にボトル交換が出来るため、これも人気の理由になっています。

コスモウォーターの毎月の電気代ですが、

月の電気代通常モードを利用の場合・・・494円~/月
エコモード利用の場合・・・403円~/月

 

エコモード標準搭載となるので、家を留守にするときなどは積極的にエコモードを利用して電気代を安く抑えることが出来るようになっています。このエコモードで電気代最大50%~60%を削減することが出来ます。

※お水のノルマは1回の配送で2本ずつ注文する必要があります。コスモウォーターはお水の料金が少々割高になりますが、RO水などは安いので赤ちゃんが居るご家庭などにはピッタリです。

サントリー天然水サーバー

2重チャイルドロックや4段階温度調節など赤ちゃんのいるご家庭でとくに人気の高いサントリーのウォーターサーバー。提供するお水は、ミネラルウォータートップシェアを誇る南アルプスの天然水です。サントリーもサーバーレンタル料は無料となるので、毎月掛かるコストはお水代+電気代だけ、となります。サントリーは他社からの乗り換えキャンペーンを結構な頻度で行っているので、この機会に検討してみるというのもオススメです!

サントリー天然水サーバーの電気代ですが、

月の電気代通常モードの利用・・・690~990円/月

 

となります。

残念ながらサントリー天然水サーバーにはエコモードを搭載していないため、節電することが出来ません。

その代わりといっては何ですが、おいしさキーパー機能+お湯冷水チャイルドロック機能+お湯2段階温度設定+冷水2段階温度設定といった魅力的な機能を標準搭載しています。

毎月の電気代が気になる・・・という方は是非、申し込む前に提供しているサーバーにどういった機能があるのか、利用できるのかなどを詳しくチェックしてから申し込むとムダも省くことが出来るのでお勧めです!

衛生面でウォーターサーバーを比較する

桜子桜子

ウォーターサーバーを導入するうえで心配なのが、サーバー内の衛生面!という方も意外と多いです。

最近多くのメーカーが独自のクリーニング機能をサーバーに搭載しているのです。これは、決まった時間に自動的にサーバー内をクリーニングしてくれるというもので、一度開封してしまったボトルのお水をいつもキレイな状態で飲めるようにするための機能になっています。

サーバー内はいつも濡れている状態になってしまう+ボトルは一度開封すると空気に触れてお水の鮮度が落ちてしまう、ということで各メーカーは少しでもお水を新鮮なまま提供できるようにとクリーニング機能を搭載しているメーカーが増えてきているのです。

衛生面で比較した時に、どこのメーカーが良いのか。オススメの3社を詳しくご紹介してみます。

コスモウォーター

日本で初めて、ボトルを足元に設置するというサーバーを提供したのがコスモウォーターになります。

足元楽々設置となるので女性の1人暮らしでも気軽にサーバーを導入することが出来るようになったその先駆けとなったのがコスモウォーターなのです。

コスモウォーターのサーバーは特許を取得した独自クリーンエアシステムを標準搭載。セルフメンテナンスで常に新鮮なお水を飲むことが出来るようになっているのです。

このクリーンエアシステムとは、タンク内に入り込んでしまう外気をクリーン処理することによってタンク内をいつもクリーンな状態にキープすることが出来るというシステムです。ガロンタイプのサーバーはどうしても外気をそのまま取り込んでしまうため、雑菌やカビ、ウイルスが繁殖しやすい状態になってしまいます。

そこでコスモウォーターはタンク内をいつもキレイな状態にキープできる機能を採用しました。このシステムにより、内部定期メンテナンスは不要で、セルフメンテナンスでオッケーということになります。

フレシャス

顧客満足度・オシャレ度共にNo.1を誇るフレシャス。ウォーターサーバーで最初のグッドデザイン賞を受賞したのもフレシャスです。オシャレなサーバーが多い+有名アニメとのコラボも行っているのでファンにとってはたまらないサーバーでもあります。

さて、フレシャスですがフレシャスには独自の機能を搭載しています。外気に触れにくい構造の無菌エアレスパックがこれです。どのサーバーを利用していてもこのパックを採用しているので基本的にセルフメンテナンスでオッケーです。

サイフォンのサーバーはボタンを押すだけでいつでも簡単にクリーニングをしてくれるクリーン機能標準搭載。

大人気のデュオは170時間(5日間)ごとに自動でサーバー内をクリーニングしてくれるオートピュアキープシステムを標準搭載しています。それでもどうしてもメーカーにメンテナンスを依頼したい場合や、最近お水の味が落ちた??と感じる方はサポートセンターへ一報入れると無償で対応してくれるのでオススメ!

サントリー天然水サーバー

サントリー南アルプスの天然水を提供しているサントリーのウォーターサーバーになります。2重チャイルドロックや4段階温度調整機能など魅力的な機能を多く搭載しているサーバーを提供していることでも有名です。

サントリー天然水サーバーの衛生面ですが、1日1回任意で設定した時間にサーバー内へ熱湯を循環させて雑菌が繁殖するのを防いでくれるという機能を搭載しています。このクリーニングで最も気になるのは「循環された熱湯は一体どこへ?まさかタンクに戻らないよね?」だと思います。

実は、熱湯で除菌をしたり掃除を行っているというわけではなく、熱湯を循環させることで雑菌やウイルスなどを繁殖しないようにしているというもの。ですので、ここで循環させる熱湯自体がキレイなお水になるので安心してください。

ただし、このクリーニング機能”おいしさキーパー機能”が動いている時間はおよそ2時間ほどサーバーが利用できない状況。ですので、深夜などサーバーを誰も利用しない時間に予め設定しておくことをオススメします。

各メーカーとも、雑菌やウイルスなどが繁殖しないように様々な工夫を行っています。クリーニングなどは任意で時間を設定できるものがあるので、是非サーバーを利用しない時間帯を設定してみてください。

 

一人暮らしの人の為にウォーターサーバーを比較してみる

ウォーターサーバーを導入したいけど、一人暮らしだから・・・と敬遠してきた方も多いと思います。ですが、最近では一人暮らしの方のためにも気軽に使えるウォーターサーバーを多く展開しているメーカーが増えてきています。

一人暮らしでも気軽に導入・設置が出来るオススメのウォーターサーバーをご紹介していきます。

まず、ウォーターサーバーには必ずといっていいほど毎月の注文ノルマというものが存在します。メーカーによってそのノルマは異なりますが、多くは1度の注文で12リットル2本~、月で合計すると4本~、というところが多いようです。

ただ、一人暮らしの場合そんなにお水を消費しないという方が殆どだと思います。そこで、一人暮らしで最もオススメできるメーカーが”フレシャス”です。

実はフレシャスは、スキップ機能を利用することが出来るメーカーなのです。フレシャスは、お水をあまり消費しなかった月や長期的な旅行や出張へ行く場合など次回の配送を1回お休み(スキップ)することができます。1回は無料でスキップできるのですが、2回連続でスキップする場合は配送を再開するまでに月額税込み1,080円が発生するので注意が必要です。この1回無料のスキップを上手に利用すると、お水の配送を2ヶ月に1度という頻度で注文できるんです。

「スキップしたいんだけど・・・」という場合、フレシャスのマイページへログイン。(実はこの専用ページも便利!配送の手続きなども自由にこのページで出来ます!)そして、”次回配送分をスキップ”をクリック。内容を確認して”次回配送分をスキップ”をクリックして完了です。このページでスキップ後の配送予定日が表示されるのでしっかりと確認しておきましょう。またお水を消費するようになったらいつでも配送再開ができて、最短での配送になります。

また、フレシャスはスタイリッシュなサーバーのデザインもポイントです。最近登場したキャリオはサイフォン型で設置する場所を選びません。サーバーも超小型ですが軽量なのでテーブルの隅っこにも置くことが出来ますし、キッチンや棚にも設置できるようなサイズになっています。クールブラック、シャンパンピンク、アンバーブロンズの3カラー展開となります。
ボトルの容量も少ないのですがフレシャスの場合は7.2リットルの軽量パックを採用。一人暮らしの方はもちろん、女性や高齢者でも簡単・気軽に設置することが出来るのがポイントです。キャリオの場合、ウォーターサーバー業界でも最軽量を誇る4.5リットルパックになっています。消費の少ないライトユーザーにオススメな量でこちらも設置が簡単です。ウォーターパックは使い捨てのワンウェイ方式となるため、ガロンボトルを保管しておく必要もありません。

フレシャスのメリットはまだまだいっぱいあります!

基本的にフレシャスのサーバーは無菌エアレスパックを採用しているのでメンテナンス不要となります。サイフォンタイプのサーバーはボタン1つ押すだけで簡単にクリーニングをしてくれるため、こちらもメンテナンスが不要となります。大人気のデュオの場合は170時間に1回内部をクリーニングしてくれる機能を標準搭載してくれるため、こちらもセルフメンテナンスでオッケーです。フレシャスの場合、味の品質が落ちたかな??といった具合にどうしてもメンテナンスをして欲しい場合はお客様サポートセンターへ連絡をすると無償でクリーニングなどの対応をしてくれるのも嬉しいですね。

一人暮らしだからウォーターサーバーを使うのはちょっとなぁ・・・と感じていた方でも、フレシャスの場合軽量パック&スキップ&コンパクトサイズで一人暮らしの方でも気軽に導入することが出来るメーカーの1つです。

 

料金でウォーターサーバーを比較する

桜子桜子

ウォーターサーバーを料金で比較したい!と思っている方も多いと思います。実際、サーバーレンタル料があると無いのとでは毎月の料金も大きく異なりますし、初期費用の有無などで初月の料金も大きく違っていきます。

まず、お水を消費する量によってお得になるメーカーが異なっていきます。家族構成などによっても、お得なメーカーが違ってくるので注意が必要です。

たとえば、赤ちゃんのいるご家庭の場合ミルク用として考えても1日2リットルは消費することになりますし、家族が多いと飲用水だけで使用しても結構な量を消費します。反対に、一人暮らしの場合消費する量は1日2リットル程度が多いと思います。

これらを踏まえて、比較的料金も抑えられてお得なメーカーをいくつかご紹介してみます。

サントリー天然水サーバー

南アルプスの天然水でお馴染みのサントリーが提供するウォーターサーバーです。提供しているお水はもちろん、南アルプスの天然水。普段から飲んでいる方も多いと思います。
こちらのメーカーですが、

・サーバーレンタル料は無料
・電気代毎月およそ1,000円ほど
・お水代(7.8リットル×4本セット)4,600円
・メンテナンス料は無料

 

ということで、毎月にかかる料金はおよそ5,600円となります。
※ただし、お水の注文本数は3・6・9箱、になります。

コスモウォーター

宅配水でトップシェアを誇るのがこちらのコスモウォーターです。現在導入しているご家庭も多いのではないでしょうか。

3種類の天然水から自由に選ぶことが出来るのですが、注意したいのは選んだお水によって料金が異なるところです。こちらのメーカーですが、どのお水を選んでも、

・サーバーレンタル料無料
・電気代毎月およそ1,000円ほど
・メンテナンス料は無料

は変わりません!

 

次にお水ですが、電気代を含めた毎月の料金は以下のようになります。

・富士の響きを選んだ場合、お水代(12リットル×3本セット5,400円)毎月およそ6,400円
・古都の天然水を選んだ場合、お水代(12リットル×3本セット5,280円)毎月およそ6,280円
・日田の誉を選んだ場合、お水代(12リットル×3本セット5,700円)毎月およそ6,700円
・プレミアムプラス(20日周期)を選んだ場合、お水代(12リットル×3本セット3,750円)毎月およそ4,750円

※プレミアムプラスは20日周期で注文本数が3本ずつ
※いずれのお水も、注文本数は3本から

 

プレミアムウォーター

プレミアムウォーターの富士吉田はモンドセレクション連続受賞しているお水でもあり、プレミアムウォーターはこのお水のほかに採水地南阿蘇のお水を選ぶことができます。プレミアムベビークラブ、という赤ちゃんを持つ人に嬉しい独自のプランなども充実しているメーカーになります。

プレミアムウォーターの場合、富士吉田・南阿蘇どちらのお水を選んでも料金は変わりません。ただし、プランがありこの選んだプランによって毎月の料金が異なってきます。いずれのプランも、

・サーバーレンタル料無料
・電気代は毎月およそ1,200円
・メンテナンス料は無料

となります。

 

そして、異なるプランですが2種類あります。

・プレミアム3年パックを選んだ場合、お水代(12リットル×3本4,860円)毎月およそ6,060円
・基本プランを選んだ場合、お水代(12リットル×3本5,700円)毎月およそ6,900円

となります。
※2年未満の解約の場合、上記の料金とは別途に解約金10,000円が。
※注文本数は2本1セットとなるため、3本欲しい場合は2セット(4本)注文する必要があります

桜子桜子

この3つのメーカーはちょっと負担になりやすいサーバーレンタル料やメンテナンス料が掛からないので毎月のランニングコストを抑えることが出来るメーカーになっています。また、独自のプランを設けているメーカーもあるので、自分に合ったプランを見つけてよりお得に利用することが出来ます。

 

天然水の味でウォーターサーバーを比較する

ウォーターサーバーを導入するうえでもっとも重要なこと、それはお水の”味”ですよね!各メーカー、いろんな採水地のお水を提供しているためどこにしよう?と悩んでしまう人も多いと思います。

桜子桜子

天然水の味にはこだわりたいのよね、と思っている人にオススメのメーカーをご紹介していきます!

フレシャス

ウォーターサーバーではじめてグッドデザイン賞を受賞したこのフレシャスですが、顧客満足度とオシャレ度共に1位を誇るメーカーでもあります。

オシャレでコストパフォーマンスにも優れているフレシャスが提供するお水は”天然水”となります。

フレシャスのお水は、富士山の標高1000mから直送されたバナジウム天然水と木曽の山奥から採水された希少価値の高い湧き水のいずれかを選べるようになっています。デュオのみ朝霧高原の天然水も選べます。

品質管理を徹底している最高品質を誇るこれらの天然水は、手間やコストが掛かってしまう”非加熱処理”での提供となるため、天然水がもつ自然のミネラル分はそのままで美味しいお水を提供しているのです。

また、フレシャスでは定期的に放射性物質検査を行っているのですがここで検査された結果はすべてフレシャス公式ホームページで公開されているので是非チェックしてみてください。

お水の硬度は、富士山(硬度21)木曽(硬度20)朝霧高原(硬度85)となります。赤ちゃん用のミルクで使用する場合は、富士山か木曽がオススメ。

お水に含まれる成分は、亜鉛・バナジウム・カルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウムとバランスよく含まれています。

 

サントリー天然水サーバー

4段階温度調整機能で赤ちゃんのミルク作りにもピッタリなサーバーを提供しているサントリー天然水サーバーですが、サントリーといえばやっぱり南アルプスの天然水ですよね!

サントリーが提供しているお水の採水地は山梨県北杜市白洲町になります。サントリー南アルプスの天然水はナチュラルミネラルウォーターで、自然のミネラル分はそのままの天然水を楽しむことができます。

お水の硬度は30度と軟水で、ナトリウム・カルシウム・マグネシウム・カリウムがお水のミネラル分になります。

ウォーターサーバーでは珍しいダンボールでの保管となりますが外気に触れるとお水の味が劣化してしまうのを防ぐ二重構造になっているので保管も安心。備蓄水としても使用しやすいコック取り付けも可能になります。

 

プレミアムウォーター

プレミアムウォーターが提供する天然水は、採水地富士山標高920m地下200mという富士山の中でも入手が難しいとされる最高品質を誇る天然水と、”日本名水百選”にも指定されている南阿蘇ブナ原生林地下10mから採水された天然水の2種類から好きなお水を選べるようになっています。

もちろん、放射性物質の検査も定期的に行っているのでとにかく放射性物質が心配・・・という方でも安心して飲むことが出来るお水だけを提供しています。

プレミアムウォーターが提供するお水は、コストが掛かる”非加熱処理”のお水を提供しています。非加熱処理は大丈夫なの?と心配な方でも大丈夫、品質管理はとにかく徹底しているメーカーです。

いずれの天然水も硬度25度の軟水。赤ちゃんにもオススメのpH8.31の弱アルカリイオン水になります。成分は、ナトリウム・カルシウム・カリウム・マグネシウム・バナジウム・亜鉛とバランスよく配合されているのも特徴です。

桜子桜子

赤ちゃんのミルクにも使用したい!と考えている方は、天然水でも硬度の低い超軟水を選んでおくと安心です。天然水は、その地域の自然がはぐくんだミネラル分を豊富に含んでいるので、美容や健康にも良いため是非バランスよく配合された天然水を選んでみてはいかがでしょうか。

 

デザインでウォーターサーバーを比較する

桜子桜子

ウォーターサーバーをデザインで比較したい!という方も多いと思います。最近ではビックリするくらいオシャレなサーバーが続々と出てきているので、設置したいと思っているお部屋の雰囲気にピッタリなサーバーを見つけることが簡単に出来るように。

ウォーターサーバー業界でもとくにオシャレでオススメなメーカーをご紹介していきます!

フレシャス

ウォーターサーバー業界で初めて、家電のグッドデザイン賞を受賞した経歴を持つフレシャス。「オシャレ」「可愛い」と評判を呼んでいるのもフレシャスです。また、フレシャスはサーバーのデザインだけではなくユーザー満足度数もNo.1を誇ります。

桜子桜子

フレシャスのサーバーデザインはどんなお部屋にもピッタリな洗練されたスタイリッシュなデザインが特徴です。カラーバリエーションも豊富で、”ピンク”ひとつとっても派手なピンクではなく、どんなお部屋にもマッチする上品なピンク色が特徴です。

Dewo

フレシャスでもっとも人気の高いサーバーがこちらのデュオになります。2014年10月に登場したサーバーですが、このデュオはプロダクトデザイナーの安積伸さんがデザインしたサーバーで、洗練されたスタイリッシュなデザインが特徴。機能性にも優れていて、サーバーのお水をお料理にも活用できるようにと大きめのお鍋でも置けるようにトレー部分に奥行きを持たせ手入れているのもポイントです。もちろん、どんなお部屋にも合うデザイン。

カラーバリエーション:
スカイグレー・・・給水部には薄いグレーが使われているのですが、優しい雰囲気で人気があります。
メタリックブラック・・・ガンメタっぽい色使いで大変上品なカラー。
ナチュラルピンク・・・サーバー全体はホワイトですがサクラ色のような薄い桃色がワンポイントとして使われています。
ミルキーベージュ・・・ホワイトベージュで優しい雰囲気。カントリー調の家具との相性も抜群です。
ペールブルー・・・グレーとブルーが合わさったような色。モノトーンのお部屋にもオススメです。

Slat

デュオと同じデザイナーがデザインしたスラット。2016年にグッドデザイン賞を受賞しているサーバーです。
デュオと兄弟で、デュオの洗練されたスタイリッシュなデザインはそのままで料金面や機能性がデュオの上位互換となっています。

サイフォンスリム

サイフォン式サーバースリム。2カラー。

サイフォン

サイフォン式サーバーで、床置きタイプと卓上タイプがあります。3カラー。

キャリオ

サイフォン式サーバーで、業界でも最小を誇るデザインです。3カラー。

このほかにも、フレシャスはONEPIECE(ワンピース)やドキドキ!プリキュアといった人気アニメとのコラボも行っています。初月のみ税込み3,065円が発生しますが、あとは通常のサーバーと同じ料金になります。

また、既にフレシャスを利用している方がワンピースやプリキュアサーバーに効果する場合現在使っているサーバーを解約してワンピース、プリキュアのサーバーにする場合契約し直す必要があります。また、使用開始1年以内の解約には手数料5,400円が発生するので注意が必要です。

 

サントリー天然水サーバー

4段階温度調整機能や2重チャイルドロックといった赤ちゃんや小さいお子さんがいるご家庭には嬉しい機能を搭載したサーバーが特徴のサントリー天然水サーバー。提供しているお水は定番のサントリー南アルプスの天然水です。

サントリー天然水サーバーのウォーターサーバーは、シンプルでスタイリッシュなデザインがポイントです。シンプルなデザインだからこそ、設置する場所を選ばないというのがオススメポイント。

カラーバリエーションは2カラー。ホワイトとブラックの2色になります。

サイズは、幅37cm×奥行き45cm×高さ124cm。

奥行きも幅も細いので1Kのお部屋でも設置することが出来るようになっています。分かりやすく言うと、新聞片面半分ほどのスペースがあればどこにでも設置することが出来てしまうんです!

サントリーのサーバーは設置する場所を選ばないので、リビング・キッチン・寝室・廊下などどこにでも設置することが出来ます。

2カラーと少し寂しい感じがするのですが、ホワイトもブラックもどんなインテリアにも溶け込むカラーなので汎用性が高いのがポイントです。実際、多くのメーカーでもホワイト・ブラックは必ずと言っていい程用意しているカラーなので人気のカラーでもあるのです。

また、機能面になりますが2重チャイルドロックを搭載しているのはサントリーだけ!お子さんの誤操作も安心です。チャイルドロックはボタン長押しでいつでも解除できます。

桜子桜子

各メーカーいろんなデザインがありますが、一番使いやすいといわれているのはスタイリッシュなデザインです。インテリアを選ばない+お部屋の雰囲気を損なわないというのがポイントです。是非デザイン面でもサーバーを検討してみてはいかがでしょうか。

 

ウォーターサーバーおすすめ比較とランキング まとめ

ウォーターサーバーとは、お水が入ったボトルやパックをサーバー本体に設置するだけで冷水・温水を利用することが出来るという便利な家電製品です。提供するお水は各メーカーで異なり、天然水とRO水の2種類から選べるようになっています。

元々はオフィスなどで業務用として提供されてきたウォーターサーバーですが、原発事故以降お水の安全性について心配する人が増え、この原発事故をキッカケにウォーターサーバーを導入する家庭が増えてきています。最近では、一人暮らしの方でも気軽に設置することが出来るようにと軽量&コンパクトサイズのサーバーを展開しているメーカーもあります。

ウォーターサーバーを導入するにあたり、何を重視するかによって選ぶメーカーも異なると思います。毎月のお水代、電気代、赤ちゃん、お水の味、衛生面、デザイン、家族構成など比較するポイントはたくさんあります。

赤ちゃんが居る場合

軟水を提供しているメーカーがオススメです。
硬度が高い硬水は、赤ちゃんの未発達の内臓に負担を掛けてしまうので下痢をしやすくなってしまいます。そこで、赤ちゃんのミルクに使うお水は硬度0~100以下の軟水を使うのが良いです。(硬度101~300は中硬水、301以上は硬水)

オススメのメーカー:コスモウォーター、フレシャス、プレミアムウォーター

 

料金

基本的に、ウォーターサーバーは注文するお水の代金+電気代+サーバーレンタル料+初期費用+メンテナンス料が掛かるものですが、メーカーの中にはサーバーレンタル料+初期費用+メンテナンス料が無料というところもあるので、ここが無料だとお水の代金+電気代だけで済むためランニングコストを抑えることが出来ます。

オススメのメーカー:

・サントリー天然水サーバー
お水代(7.8リットル×4本)4,600円+電気代約1,000円=5,600円・コスモウォーター
富士の響き(12リットル×3本)+電気代約1,000円=6,400円
古都の天然水(12リットル×3本)+電気代約1,000円=6,280円
日田の誉(12リットル×3本)+電気代約1,000円=6,700円
プレミアムプラス(12リットル×3本)+電気代約1,000円=4,750円・プレミアムウォーター
3年パック(12リットル×3本)+電気代約1,200円=6,060円
基本プラン(12リットル×3本)+電気代約1,200円=6,900円

 

衛生面

サーバーはいつも濡れている場所というだけあって、衛生面が気になるものです。オススメの3社はそれぞれ衛生面で工夫されています。

・コスモウォーター
特許を取得したクリーンエアシステムを標準搭載。セルフメンテナンスでお手入れも楽々。・フレシャス
外気に触れにくい無菌エアレスパック採用。人気のデュオは170時間ごとに自動でクリーニングをしてくれます。サイフォン型の場合ボタンを押すとクリーニング開始。セルフメンテナンス。・サントリー天然水サーバー
設定した任意の時間にクリーニングをしてくれます。セルフメンテナンス。

 

各メーカー自慢の天然水を味わうことが出来ます。それぞれ採水地が異なるので、含まれているミネラル分などもメーカー、採水地ごとで異なります。

・サントリー天然水サーバー
サントリー南アルプスの天然水を飲むことが出来ます。お水の硬度は30度で、ナトリウム+カルシウム+マグネシウム+カリウムをバランスよく配合。赤ちゃんも安心して飲める天然水です。・フレシャス
富士山の天然水と木曽の天然水を選べます。コストが掛かる非加熱処理のお水を飲めるのですが、品質管理は徹底されているのでお子さんでも安心して飲める天然水。亜鉛+バナジウム+カルシウム+カリウム+ナトリウム+マグネシウムをバランスよく配合している天然水です。・プレミアムウォーター
入手困難の採水地で取れたお水で硬度25度、pH8.31の弱アルカリイオン水で赤ちゃんでも安心して飲めるお水です。放射性物質の検査を定期的に行っているので、放射性物質が心配という方でも気軽に飲める天然水です。

 

デザイン

サーバーは各メーカーで全然デザインが違います。どうせ設置するのだから、オシャレな物を!可愛い物を!と考えている方にオススメなメーカは2社。

・フレシャス
ウォーターサーバー業界で初めてグッドデザイン賞を受賞したメーカーでもあります。一人暮らしの方にもオススメな業界最小を誇るサイフォン型も人気。スタイリッシュで洗練されたデザインのサーバーがポイントです。・サントリー天然水サーバー
新聞紙片面半分のサイズがあれば設置できてしまうスタイリッシュなデザインがポイントです。カラーバリエーションはホワイト、ブラックの2カラー展開となるのですがいずれのカラーもどんなお部屋にもピッタリなので使いやすいカラー&サイズとなっています。

 

一人暮らし

最近では一人暮らしの方でもウォーターサーバーを導入している人が増えてきています。その理由は、ウォーターサーバーの小型化です。いち早く小型化を行ったのはフレシャス1社。

・フレシャス
サイフォン型のキャリオは4.5リットルの軽量パックが使えるのでライトユーザーや一人暮らしの人に人気があります。サイズも超小型なのでテーブルはもちろん、キッチンや棚など設置する場所を選びません。さらに、フレシャスはスキップを利用できます。注文した後、次回の配送を1回お休みできるというものです。2回連続だと手数料1,080円(税込み)が発生してしまいます。スキップを上手に利用すると2ヶ月に一度の注文で良いので、お水をあまり消費しない人や、出張や旅行などでよく家を空けることが多いという方でも安心して利用することが出来ます。

 

桜子桜子

比較するポイントを上手に把握しておくと、ムダのないウォーターサーバー選びが出来るようになります。ウォーターサーバーを検討している方は是非、この機会に何を重視するのかまとめてそれぞれのメーカーの特徴を把握してから選んでみてはいかがでしょうか。