ウォーターサーバーVS浄水器 長年の対決に終止符を!
vs-1

 

ウォーターサーバー VS 浄水器 【お水の品質対決】

桜子桜子

ウォーターサーバーと浄水器、どっちがお水の品質が高いの?

 

ウォーターサーバーの品質

現在ウォーターサーバーはさまざまな採水地から、
さまざまな種類の天然水を購入することができます。
目的や家族構成、ライフスタイルに合ったお水を自由に選べるのですが、
このお水はどこのメーカーも品質管理が徹底されています。

定期的に行われる放射性物質の検査などもこの品質管理の一環で、
この検査の結果は各メーカーのホームページでチェックすることができます。

また、ウォーターサーバーのお水は空になったら新しいボトルに交換するので
常に新鮮なボトルのお水を飲むことができます。

ウォーターサーバーは、赤ちゃんでも安心して飲めるRO水なども選べる為、
水道水を使ってミルクを作るのはちょっと抵抗があるというママにも安心です。

RO水は天然水よりミネラル分が少ない純水のことで、
ミルクにも使用できるお水となります。
最近ではどこのメーカーもこのRO水を取り扱っています。

 

浄水器の品質

一方、浄水器は水道水をろ過して塩素などの化合物を
除去することができるシステムになっている為、
もともと水道水には変わりありません。

もちろん、日本の水道水のお水は厳しく管理されているので
水道水自体は問題なく飲むことができます。
ですが、お水自体の品質は水道水で、浄水器は放射性物質などの健康にも
心配な成分を完全に取り除くことはできません。

また、浄水器は正しい使い方をしないと安全どころか逆に安全性を失う心配もあります。

浄水器のお水は、セラミックやフィルターを通してお水をろ過しますが、
水道水をろ過酢る度にこのフィルターやセラミックなどに
不純物がどんどんたまってしまいます。

フィルターが限界に達するとこれまで溜まっていた不純物が逆流してくることもあり
ただの水道水よりも危険な状態になってしまうかもしれません。
こまめにカートリッジを交換して、常に綺麗なお水にする必要があります。

 

品質対決ではウォーターサーバーのほうがおすすめ

採水地へのこだわりや品質管理の徹底でウォーターサーバーに軍配

お水の品質に関しては、採水地にこだわり品質管理も徹底されたボトルから
お水を飲むことができるウォーターサーバーのほうが勝っているように思います。

妊婦さんや赤ちゃんの居るご家庭で使用する場合、お水の品質をとくにこだわる方でしたら
フィルターの目詰まりを起こしてしまう浄水器よりは
ウォーターサーバーのお水のほうが安心して飲むことができるのではないかと思います。

 

ウォーターサーバー VS 浄水器 【お水の料金対決】

桜子さん桜子さん

ウォーターサーバーと浄水器だとどっちが安いの?

水の料金

ウォーターサーバーの料金

ウォーターサーバーに掛かる月々の料金はさまざまです。

お水代 多くのメーカーは一ヶ月の宅配ノルマが2本となります。
天然水の種類やメーカーにもよって
1本の料金はそれぞれ異なりますが
12リットルボトル1本1000円以下のRO水や、
12リットルボトル1本3000円以上するところもあります。
サーバーのレンタル料金 サーバーのレンタル料が無料というメーカーは
大体お水の料金が少々割高になっています。
レンタル料は月々500円~1500円が多いようです。
お水の宅配料金 お水の宅配が無料というところも多くあります。
ただし、1ヶ月に2本以上の注文で
無料になるといった条件もあります。
サーバーのメンテナンス料金 無料というメーカーも多くありますが、
これは大体サーバーレンタル料金の中に
組み込まれていることがあります。
メンテナンスを有料にすると、
年に1回くらいの頻度でメンテナンスがあります。
無料の場合でも、メンテナンス時の交換や故障は
別途有料になることがあるので事前に
確認しておくようにしましょう。
毎日の電気代 冷水/温水をキープする為に、
サーバーは24時間稼動させなければなりません。
月々の電気代は1000円~1500円くらいが多いようです。
最近ではエコモード搭載サーバーが増えてきているので、
電気代を安く済ませることができます。

 

浄水器の料金

浄水器の種類にもよりますが、

蛇口直結型の浄水器 およそ4000円~8000円で設置できる
カートリッジ交換型の浄水器 カートリッジ1本1000円というところも。

 

 

料金対決では浄水器のほうがおすすめ

料金では圧倒的に浄水器

結果として、料金は圧倒的に浄水器のほうが安く済ませることができます。
浄水器は蛇口直結型の場合初期費用こそかかるものの、
ランニングコストはウォーターサーバーよりもかからない上に電気も使用しないためかなりお得です。

また、カートリッジ交換型の場合でも1ヶ月1000円、
年間で12000円ほどで済むためこちらも安価です。

一方、ウォーターサーバーは月々4000円~5000円+電気代、
という感じになるのでトータルで高くても6000円ほどを見ておくとよいかもしれません。

毎月6000円で年間にして7万2千円ほど。
美味しいお水を飲みたいけど、料金も気になるという方は浄水器を検討してみるのがお勧めです。

 

ウォーターサーバー VS 浄水器 【スペース対決】

桜子さん桜子さん

ウォーターサーバーの置き場所どうしようかしら

部屋のスペース

ウォーターサーバーのスペース

小型・スリム・省スペースを謳うサーバーが増えてきました。
小さいサイズでもA4サイズのスペースを必要とすることが多いようです。

また、卓上・床置きでもサイズは違いますが、
いずれもこのくらいのスペースを必要とします。また、ボトルの場所も必要となります。

 

浄水器のスペース

水道直結型やビリトインタイプは設置するスペースを必要としません。
ただ、浄水器でも据え置きタイプの物はキッチンの上部に設置する必要があるため、
少しのスペースを必要としますがウォーターサーバーよりスペースは取りません。

 

スペース対決では浄水器のほうがおすすめ

スペース勝負は圧倒的に浄水器に軍配

設置スペースでは圧倒的に浄水器のほうが勝ちですね。
綺麗なお水を飲みたいけど、スペースが気になるという方は浄水器のほうが向いているかもしれません。

ウォーターサーバー VS 浄水器 【いざという時に使えるのはどっち対決】

桜子さん桜子さん

災害などでいざという時に役立つのはどっち?

いざという時

 

ウォーターサーバーはいざという時に!?

ボトルは賞味期限こそあるものの、未開封の状態であれ
数ヶ月は自宅で保管しておくことが可能になります。

その為、ウォーターサーバーはいざという時に
ボトルをそのまま飲み水や生活用水に使用する事ができるため、かなり安心です。

いざという時の為にお水を1本余分に注文しておいて、
その1本を備蓄水として保管しておく家庭も多くあります。

いざという時でも新鮮で美味しいお水を飲むことができるのがウォーターサーバーです。

 

浄水器はいざという時に!?

浄水器のお水は、基本的に水道水を通してから使用するというものになるので、
いざという時に水道からお水が出なければ使い物にはなりません。

災害時、いつ水道が使用できるのかどうかもわからないという事もあります。
また、浄水器本体ではウォーターサーバーのようにお水を蓄えておくことができないので、
備蓄水としても使用できません。

 

いざという時にはウォーターサーバーのほうがおすすめ

いざという時は圧倒的にウォーターサーバーに軍配

ボトルは1本12リットル入りなので、
少々場所は取りますがこのボトルのまま保管することができるので
2リットルのペットボトルを数十本保管するよりは効率もよいのでお勧めです。

 

ウォーターサーバー VS 浄水器 【衛生面対決】

桜子さん桜子さん

小さな子供がいるうちにとっては一番気になるところだわ

水の衛生面

ウォーターサーバーの衛生面

ウォーターサーバーは、最近自動掃除機能などを搭載しているものが多く出回っています。
ウォーターサーバーは空気にまったく触れることがなければ雑菌は繁殖しないのですが、
空気にまったく触れないというのは難しいため、衛生面で懸念する方も多いようです。

 

この自動掃除機能は、サーバーを使用しない時間を設定して
勝手にサーバー内をクリーンにしてくれるという便利な機能の1つで、
最近とくに注目を集めている機能の1つになります。

サーバー内を自動で掃除をしてくれるから、
衛生面でも安心で常に綺麗なお水を飲むことができるようになっています。

 

また、この衛生面において業界でも初めてとなる厚生労働省から認可されたメーカーもあります。
現在、厚生労働省が認めたウォーターサーバーは数えるほどしかないので、
とにかく衛生面を気にする場合はこういった厚生労働省が認可したメーカーを選んでおくとより安心です。

 

浄水器の衛生面

浄水器は、常に水道から水が出ている状態であれば中の水が入れ替わるので
新鮮な状態をキープすることができます。

ですが、常に水を出しっぱなしという事は不可能です。
その為、水道を使っていないと雑菌も繁殖しやすくとくに水が出てくる蛇口付近は
いつも濡れている状態なので衛生的に良いとはいいがたいのが事実です。

 

とくに夏場は雑菌も繁殖しやすいので注意が必要です。
カートリッジ交換タイプなどは是非期限をしっかり守って、
定期的にカートリッジを交換してください。

また、据え置きタイプの浄水器も定期的にメンテナンスを行うことで
より安心して美味しいお水を飲むことができます。

お手入れ方法やメンテナンス方法はメーカーに問い合わせてみたり、
ホームページなどでチェックすることができます。

 

衛生面対決ではウォーターサーバーのほうがおすすめ

自動洗浄の付いているウォーターサーバーに軍配

結論から、衛生面を気にするのであれば自動洗浄機能や自動掃除機能を搭載しているウォーターサーバーのほうが衛生的にも安心と言えます。

ウォーターサーバーでも水が出てくるコック付近はセルフで清潔にしてあげると
より一層安心して常にクリーンなお水を飲むことができます。

また、定期的に自分で掃除しなければならない浄水器が面倒という場合は、
自動掃除機能を搭載しているウォーターサーバーのほうが
手間も掛からないので管理もしやすくお勧めです。

 

ウォーターサーバー VS 浄水器 【お水の味】

桜子さん桜子さん

ウォーターサーバーと浄水器はどっちがおいしいの?

水の味

ウォーターサーバーの味

メーカーによって取り扱っている天然水の種類はさまざまです。

富士山だったり、阿蘇山だったり南アルプスだったり、京都だったりさまざまです。

採水地を自由に選ぶことができるので、
ミネラル分や目的などに合わせたお水を選ぶことができるようになっているのですが、
このお水どれも美味しいと評判を呼んでいます。

ウォーターサーバーを導入する人の多くは、
美味しいお水を自宅でいつでも気軽に飲みたいからという方が多いので
そのお水が美味しくないわけがありません。

お水にこだわりを持つ方や、美味しいご飯を食べたい方にも人気があります。

浄水器の味

最近の浄水器は機能も優れていて、
蛇口直結型からポットタイプなど気軽に
設置・使用することができる物が主流になっています。

このお水は、水道水を独自のフィルターなどでろ過していくのですが、
ろ過したお水は不純物なども取り除かれているので安心して飲むことができるだけではなく、
カルキくささも抜けるので飲みやすいお水になっています。

ですが、浄水器は水道水をろ過するためやはり味は天然水に比べると劣ります。

味対決ではウォーターサーバーのほうがおすすめ

味はやっぱりウォーターサーバーに軍配

美味しいお水を飲みたい!という方は、
圧倒的にウォーターサーバーのほうがお勧めです。

ウォーターサーバー VS 浄水器 【乳幼児がいる家庭対決】

桜子さん桜子さん

乳幼児が居る家庭の場合、ウォーターサーバーと浄水器どちらのほうが使いやすいの?

乳幼児の水

乳幼児がいる場合のウォーターサーバー

ウォーターサーバーは冷水・温水がいつでも利用できます。

この温水は、70℃~92℃と幅広い温度設定が可能で、
中でもこの70℃はミルクを作るのにピッタリな温度になります。

 

冷水・温水の2段階調節ができるメーカーもありますが、
中には冷水・温水4段階調節が可能なメーカーもあるので
乳幼児がいるご家庭はこの温度調節が細かく設定できるサーバーを選ぶのをお勧めします。

また、このほかにもウォーターサーバーのお水は
各メーカーとも品質管理を徹底しているので、
小さなお子さんでも安心して飲めるのが特徴です。

赤ちゃんに天然水はミネラル分が多く内臓に負担をかけてしまうため、
あまり使用しない方が良いのでRO水などの純水がお勧めです。

赤ちゃんがいるご家庭の場合、お水を自宅の玄関まで宅配してくれるのもまた便利です。

赤ちゃんと一緒に買い物をするだけでも大変なのですが、
重たいお水を購入するとなるともっと大変です。

ウォーターサーバーは美味しいお水を玄関先まで届けてくれるので、
赤ちゃんがいるご家庭でも安心です。

 

乳幼児いる場合の浄水器

浄水器も、蛇口をひねればすぐに美味しいお水を飲むことができます。

ですが、浄水器にはウォーターサーバーのような冷水・温水機能は備わっていないので
常温のお水しか利用することができません。

その為、ミルクを作るとなった場合、
浄水器のお水を一度ヤカンやポットなどで沸騰させなければいけないので
その分手間になり赤ちゃんをお待たせしてしまうことになります。

また、浄水器のお水はいくら美味しいとは云えど
やはり水道水のお水を使用することになるので、
その水道水が心配な場合はいくら浄水器のフィルターを通しても心配です。

赤ちゃんに安心して美味しいお水を飲ませたい場合は
この浄水器のフィルター機能にもこだわりたいものです。

ですが、浄水器はランニングコストが掛からないので
ウォーターサーバーよりは安価で利用することができます。

据え置き、蛇口直結型、ポット型など色々あるので予算に合わせた
浄水器を選べるのもメリットの1つです。

 

乳幼児がいる場合はウォーターサーバーのほうがおすすめ

コストはかかるけど安全性と手間をとるとウォーターサーバーに軍配

乳幼児が居るご家庭の場合、冷水・温水の温水をすぐに使用でき、
お水の品質管理も徹底されているウォーターサーバーの方が
使いやすく手間もかからないのでお勧めです。

その分コストは掛かってしまいますが、
沸かす手間などを考えてもウォーターサーバーの方が使いやすいです。

 

ウォーターサーバー VS 浄水器 【まとめ】

桜子さん桜子さん

結局ウォーターサーバーと浄水器どっちがおすすめの?

用途に合わせてウォーターサーバーか浄水器を選択

ウォーターサーバー・浄水器共、一長一短あり
どちらがいい!というのありません。
用途に合わせてどちらかを選ぶといいですね。

料金やスペースを取るなら浄水器だろうし、
利便性や味を取るならウォーターサーバーですね。

乳幼児がいるご家庭や妊婦さんのいるご家庭などは
ウォーターサーバーがおすすめですね。
安全性はもちろんの事、育児や身重な女性の負担をだいぶ軽減できますからね。

逆に一人暮らしの男性などは味にこだわらなければ浄水器、もしくは
普通に水道水で問題ないかと思います。