体にいい水の条件

人間の体のおよそ60~70%は水分が占めています。そのため、お水は人間の体を維持する上で欠かすことのできないとても大切な成分となります。

桜子桜子

体にとって大切な水分ですから、ここはひとつより健康を維持する上で効率の良いお水を摂りたいものですね。

%e3%81%8a%e6%b0%b4%ef%bc%92

そもそも、人の体にとってのお水は酸素や栄養を運ぶための運搬作用であったり、老廃物を排出してくれる排泄作用であったり、ときには血栓予防としての効果や、体温調節などの機能に欠かせない成分となります。

また、このほかにもお水には腸のぜん動運動を刺激してくれる効果も持っています。そのため、お水を多く飲むことによって便秘も解消してくれるのです。

 

現在、この”お水”は水道水だけではなくさまざまな効果・効能を持った種類を自由に選ぶことができ、飲むことができる時代になりました。

 

この体に良いお水の条件は色々あります。

大前提として、体に取り入れるお水は”有害物質を含まないお水”であること。

この有害物質というのは、放射性物質であるセシウムやヨウ素をはじめ、カビや細菌、水銀、鉛などの成分です。これらが含まれたお水は体の中に入ると毒素としてどんどん蓄積されてしまいます。

 

桜子桜子

では体にいい水って?

弱アルカリ性のお水

”弱アルカリ性のお水”も体に良いお水の条件となります。人の体は弱アルカリ性となるので、これと同じお水を摂ることで吸収されやすくなります。赤ちゃんにも弱アルカリ性のお水のほうがお勧めです。

 

ミネラルバランスが良いお水

”ミネラルバランスが良いお水”健康や美容維持をする上でこのミネラル分は欠かせません。数あるミネラルの中でも、カルシウムとマグネシウムを多く含んだお水がお勧めです。

反対に、赤ちゃんに使用するお水はこういったミネラル分の少ないピュアウォーターを使ってあげると、未発達な内臓に負担をかけることなく安心してミルクを飲ませることができるため、家族構成やライフスタイルに合ったミネラル分のお水を選んであげると安心ですね。

 

微生物を含んでいないお水

”微生物を含んでいないお水”こちらもとても大事です。ランブル鞭毛虫や大腸菌などといった病原となってしまう微生物を含まないお水であることが大切です。

 

塩素を含んでいないお水

”塩素を含んでいないお水”酸化還元電位の低いお水とは、塩素を含んでいないお水になります。カルキ臭いお水というのは塩素を沢山使用しているお水という事になります。

 

炭酸ガスを含んでいるお水

”炭酸ガスを含んでいるお水”時として、炭酸ガスが適量に含まれているお水は健康に良いことも多く、最近では炭酸水が注目されています。

 

つまりミネラルウォーターを飲めば大丈夫?

ミネラルウォーターとは、その名のとおりミネラルを豊富に含んでいるお水のことをいいます。

このお水の中には、栄養素として必要不可欠なミネラルがほどよく含まれています。

ミネラルにはさまざまな種類があり、マグネシウム・カルシウム・ナトリウム・カリウムなどがあります。このほかにも、ミネラルウォーターによっては鉄分などが含まれていることも。

健康や美容に欠かせないともいわれているミネラルウォーターは、販売しているメーカーや採水地によってこのミネラルバランスが異なるためミネラルウォーターを購入する前はしっかりとラベルを確認しておくと安心です。

また、赤ちゃんは内臓が未発達な状態なのでミネラルウォーターはあまり向いていません。

とくに”硬度”の高いお水は内臓にも負担をかけてしまうため、使うのを避けましょう。

桜子桜子

赤ちゃんには硬度100以下のミネラルウォーターや、不純物を取り除いた軟水のピュアウォーターがお勧めです。

 

どれだけ水を飲めばいいの?

桜子桜子

健康に良いとされているお水でも、摂取量を間違えてしまうとかえって健康被害を及ぼしてしまう恐れがあります。

成人の1日の水分排泄量は汗や尿などを含めておよそ2.3リットルと言われています。

人の体は、水分を摂取して排泄する循環で体に必要のない老廃物や毒素を体の外に排出して、新鮮なお水が細胞活性を促してくれます。

そして1日に飲むべき水分量というのは排泄される量を考えると1日に1.5リットル以上、理想は2リットルとなります。

ただし、この”水分”は清涼飲料水などでは意味がないのでできるだけ”お水”で摂取することが大切です。

清涼飲料水にはお砂糖が沢山使用されているので、カロリー過多になってしまう恐れがあります。

水分が足りていないと、血液の巡りが悪くなってドロドロになってしまったり老廃物が体の中に溜まったまま排出されなかったり、更には血栓と呼ばれる物が血管を塞いでしまうということもあります。

毎日これだけのお水を飲むのは少し大変かもしれませんが、真夏などは汗も多く出るためこれ以上の水分を摂るようにすると安心です。

 

是非1日1.5リットル以上の水分を摂るように心がけましょう。

 

私生児で80%・成人で60%あった体の水分は、高齢になるとおよそ半分の50%にまで低下していくと言われています。

歳を取ると乾燥しやすいのは、体内で作られる水分量が減ってくるためなのです。

お水には新陳代謝をアップさせる効果も持っているので若さを維持する上でも欠かせません。

細胞の中のお水にはカリウムイオンと呼ばれている成分が含まれているのですが、カリウムが減っていくと老化が加速してしまいます。

カリウムを含んでいるお水を多く摂っている方は年齢に比べて若く見えるのもそのためと言われています。是非、普段から体に良いお水を積極的に摂って若さや健康を維持してみましょう。