桜子桜子

今や当たり前になった水の宅配。震災をキッカケに契約している人は年々増え続けているようです。今回は、ウォーターサーバーの解約金について各メーカーの特色と一緒に併せてご紹介していきます。

解約金というのは、無ければ嬉しいものなのですが実はウォーターサーバーメーカーによっては「うちは解約金を取りません、無料です」から「当社では2年未満の解約には色んな諸経費を取りますよ~!覚悟してくださいね~!」というメーカーまで存在します。レンタルする前から解約することを考える人は稀だと思いますが、ライフスタイルやいろんな事情によって解約をするときはいつか来るかもしれません。そういう”いつか来るXデー”のために、解約について知っておくと痛い出費を抑える事も出来ます。

 

ウォーターサーバー各メーカーの特色と解約金について

クリクラ

桜子桜子

ウォーターサーバーシェア4年連続No.1の地位を確立しているクリクラ。クレヨンしんちゃんのCMでもお馴染みですね。

”安い””安心で美味しい””便利”の3拍子揃ったメーカーでも有名です。クリクラが掛かるお金というのは、実はお水の料金だけ。サーバーレンタル料+入会金+宅配料は掛からないのです。

お水は、ウォーターサーバー業界でも最大規模を誇る研究所によってお水の品質に関わる研究開発などを実施。放射性物質の簡易測定が可能な機械も導入しているためより一層安心なお水を飲むことができるようになっているのも特徴です。

さて、クリクラですが実は本当に”お水以外の料金”というのは発生しないのです。先述したサーバーレンタル料+入会金+宅配料だけではなく、実は解約金も無料なんです。始めたいときに始めて、必要なくなればすぐに解約できる、しかも無料で。さすがNo.1シェアを誇るメーカーだけあってかなり太っ腹です!

まとめ:クリクラはお水の代金のみ、解約金ナシ!

 

クリクラミオ

桜子桜子

クリクラの派生ブランドがこのクリクラミオになります。クリクラには無かった天然水を飲めるのがポイント。

配送プランは、業界でもダントツで自由度が高いためお水の注文本数は1本~、配送周期は最大6週間ごとまで選べるようになっています。そのため、あまりお水を消費しない一人暮らしの方はもちろん、家を空けることが多い方でも気軽に利用できるメーカーでとくに一人暮らしの人に重宝されています。コスパも業界でもトップクラスを誇るのですが、入会するときのキャンペーンなども結構頻繁に行われているのでこちらも必見です。

さて、肝心の解約金なのですがクリクラが無料だったからクリクラミオも無料・・・とはいかないようでこちらは契約してから2年未満の解約は8,000円(税別)となります。

まとめ:クリクラミオは契約から2年未満の解約で、解約金8,000円(税込み8,640円)が発生する!

>>クリクラミオの口コミ・詳細はこちら

 

コスモウォーター

桜子桜子

4秒に1本売れている天然水宅配市場でNo.1シェアを誇るのがコスモウォーターです。天然水の累計出荷台数はなんと100万台を突破!

ボトルを下部に設置するというサーバーをいち早く取り入れたメーカーでもあります。ですので、女性でもお年寄りでも気軽にボトルを交換できるというユーザー側に立ったサービス開発が注目を集めています。選べるお水は4種類でいつでも好きな時にお水の種類を変更することも可能です。また一度も放射性物質が検出されたことがないのもポイント。安全性の高いお水だけを宅配してくれるので、小さなお子さんを持つ方でも安心して利用できます。

さて、肝心の解約金なのですがコスモウォーターの場合契約から2年以内に解約をするとレンタルしていた機種によって解約金が異なります。

(2年以内の解約)
お掃除ロボット付きウォーターサーバー:14,000円(税込み15,120円)
らく楽スタイルウォーターサーバー:9,000円(税込み9,720円)(1年以内の解約)
上記以外のサーバー全て:5,000円(税込み5,400円)

 

まとめ:コスモウォーターは2年未満の解約と、1年未満の解約、レンタルしていた機種によって解約金が違う!

>>コスモウォーターの口コミ・詳細はこちら

 

アクアクララ

桜子桜子

市場シェアで常にNo.1、No.2を争うほどの人気を誇るアクアクララ。

モンドセレクションの”優秀品質最高金賞”と国際味覚審査機構の”優秀味覚賞”を連続で受賞しているお水を購入することができます。アクアクララが宅配しているお水は、世界的にも高く評価されているお水としても知られていて、赤ちゃんからお年寄りまで安心して気軽に飲むことができるお水を購入できます。業界でも、解約金発生の最低利用期間が半年間と非常に短いのもポイント。パッと利用してサッと解約できるのがアクアクララの特徴でもあります。

さて、肝心の解約金なのですがアクアクララの場合入会から半年間(180日間)未満の解約の場合解約金3,000円(税込み3,240円)が発生します!

まとめ:アクアクララは業界でも解約期間が短い6ヶ月間ですが、入会から6ヶ月間未満の解約で解約金3,240円が発生する!

 

うるのん

桜子桜子

ドラえもんをイメージキャラクターに起用しているうるのん。

最近知名度うなぎ昇りでもあるウォーターサーバ-でもあります。超軟水のお水がポイントで、お年寄りの方はもちろん赤ちゃんのミルクまで安心して飲むことができる”富士の天然水さらり”と、不純物をこれでもか!と徹底的に取り除いた”やわらか水”のいずれかを選ぶことができます。

うるのん最大の特徴は、超軟水のほかに”電話による育児や健康、栄養サービスを無料で利用できる”という点にあります。24時間365日いつでも受付ているので、小さなお子さんを持つ方に非常に人気があるウォーターサーバーでもあります。

さて肝心の解約金なのですが、うるのんの場合契約から解約までの期間やプランによってそれぞれ異なります。

・1年未満で解約した場合:10,000円(税込み10,800円)
・1年以上2年未満で解約した場合:5,000円(税込み5,400円)
・うるうるプランを3年未満で解約した場合15,000円(税込み16,200円)

※うるううるプランは元々3年契約のプランとなり、”富士の天然水さらり”+TLCカードの申し込み必須。

まとめ:うるのんは、契約した日から数えて解約する日までの期間によって解約料金が異なります!また、うるうるプランは3年契約となるので3年未満で解約した場合かなり高い解約料金が発生する!

>>うるのんの口コミ・詳細はこちら

 

フレシャス

桜子桜子

デザイン性に優れたウォーターサーバーをレンタルできるフレシャス。

各家庭のインテリアになじむようにと、プロのインテリアスタイリストのアドバイスを元にサーバーをデザインしているだけあって、他のメーカーには無いオシャレで機能性に優れたサーバーをレンタルすることができます。2015年の生活家電カテゴリにおいて、グッドデザイン賞も受賞。お水は、富士山の標高1000mという開発限界地域で採水されたお水が利用でき、無菌エアレスパックで密封されているので採水した時のままの新鮮なお水を楽しめます。

とにかくオシャレで機能性にも優れたサーバーを探している方必見のウォーターサーバーがフレシャスです!

さて、肝心の解約金なのですがフレシャスの場合2年未満の解約で9,000円(税込み9,720円)が必要になります。この”2年未満”というのは契約後かサーバー交換後2年未満の解約となります。

まとめ:(契約後orサーバー交換後)2年未満の解約には解約金9,720円が発生する!

>>フレシャスの口コミ・詳細はこちら

 

サントリー南アルプス天然水ウォーターサーバー

桜子桜子

サントリーといえば、南アルプスの天然水ですよね!この南アルプスの天然水が、ウォーターサーバーになって登場です。

天然水市場トップクラスを誇るブランドで、品質・味・価格共に文句なし。サーバーレンタル費用や宅配料、メンテナンス料、初期費用無料で利用できるので気軽に申し込みができちゃうのがポイントです。

ウォーターサーバー本体はシンプルでスタイリッシュなデザインなので、設置するお部屋を選びません。そして、温水・冷水は4段階調整が可能!赤ちゃんをお待たせすることなくササっとミルクを作ることができちゃうのもこのサーバーの特徴です。2重ロックで超安心設計なのも魅力的です。

さて、肝心の解約金なのですがサントリー南アルプスの天然水の場合、条件によって解約金がそれぞれ異なります。

・更新月以外の、契約期間内に解約した場合7,000円(税込み7,560円)
・1回更新して、更新月以外の契約期間内に解約した場合3,000円(税込み3,240円)
・2回以上更新している場合は解約金ナシ。

「はて?」と思う方も多いと思います。設置をした月から1年間、契約期間の最終月(たとえば3月に設置した場合3月がコレ)に解約申請をしない場合、契約が1年自動で更新されます。更新月(たとえば3月)以外に契約期間内に解約をすると、”中途解約手数料”として7,000円(税別)が発生します。

1回更新した後に”更新月以外(3月に設置した場合10月など)”の契約期間内の解約は3,000円(税別)が発生します。
2回以上更新してからの解約には解約金は発生しません。
つまり、基本的に2年以上を利用すれば解約金は発生しませんよという事になります。

まとめ:2年以上利用すれば解約金はないけど、それ以外は”契約した期間”と”解約をする月”によって解約金が異なる!

>>サントリー南アルプス天然水ウォーターサーバーの口コミ・詳細はこちら

 

AQUWISH(アクウィッシュ)

桜子桜子

キリンが提供するウォーターサーバーAQUWISH(アクウィッシュ)。軽量パックがポイントで一人暮らしの方でも気軽に利用することができるウォーターサーバーになります。

サーバ本体にはお手入れが簡単なオートクリーンを標準搭載。衛生面が気になるサーバー内をいつでもクリーンな状態にキープすることができるウォーターサーバーなのです。

富士山の地下273mから採水したお水は定期的に放射性物質検査も行っているので、誰でも安心して気軽に飲むことができるようになっています。また、ボトルは回収する必要のない湾ウェイ容器を採用しているのですが、このボトル小さく折りたたむことができるようになっているのでガロンボトルのように場所を取る必要もなく更にペットボトルのようにかさばらないのがポイント。狭いワンルームの方でも気軽に取り入れることが出来るサーバーになっています。

さて、肝心の解約金ですがAQUWISH(アクウィッシュ)の場合契約してから1年以内に解約すると5,000円(税込み5,400円)が発生します。これは注意なのですが、解約した後になんらかの理由によってサーバーを返却できない場合サーバー代金として30,000円(税込み32,400円)が発生します。

まとめ:1年以内に解約をすると5,240円の解約金が発生!更に、サーバーを返却しないと32,400円を請求される!

 

ハワイウォーター

桜子桜子

採水地がハワイ州オアフ島の美味しい天然水を購入することができるハワイウォーター。

高品質な水源地から採水されたお水は良質な天然水で、定期的に放射性物質の検査を行っているので安心して飲むことができるお水になります。

純度99.9%以上の純水なので、粉ミルが持つ栄養素を損なうことなく赤ちゃんにも安心して飲ませられるお水になります。ハワイのお水=硬水、というイメージもありますがハワイウォーターサーバーのお水は超軟水のピュアウォーターなのです。ボトルのデザインはシンプルで、余計な機能は必要のないという方にもオススメです。

さて、肝心の解約金ですがハワイウォーターの場合サーバーを設置してから1年以内の解約で4,762円(税込み5,143円)が発生します。ただし、1年以上の利用でこの解約金はナシということになります。

まとめ:1年未満の解約で解約金5,143円が発生する!

 

ウォーターサーバーの解約金比較 まとめ

多くは、1年~2年の契約期間を設けているのですが、中には3年使ったのに解約手数料を取られたんだけど!?という方もいるようです。

これは、”契約した期間”ではなく”同じメーカーから新しいサーバーを設置してもらってからの期間”が1年未満だった場合に多いようです。

桜子桜子

ポイントなのは、解約金が取られるのは”契約した日から”なのか、”サーバーを設置した後から”なのかです!サーバーを交換します、という連絡がメーカーから入った時は自分の契約状況がどうなっているのかなどをついでに確認しておくのもオススメです。