桜子桜子

これからウォーターサーバーを導入しようと考えている方にとって、”天然水”と”RO水”どちらにしようか?と悩む方は多いと思います。天然水とRO水はそれぞれ大きな違いがあります。その違いについて詳しくご紹介していきます。

天然水とRO水ざっくりとした違い

天然水とRO水ですが、ざっくりとその違いをご説明すると”天然のミネラル分が含まれているのが天然水”で、”人工的に作られたお水がRO水”となります。

え?じゃぁRO水は体に悪いお水なの?と思う方も居ると思います。

桜子桜子

人工的に作られたのがRO水なのですが、体に悪いということは一切無いのです。

RO水とは?

RO水とは、RO膜と呼ばれる特殊なフィルターを使ってお水をろ過したものです。

RO水のROとはReverse Osmosisの略。このRO膜は、逆浸透膜とも呼ばれていて、0.0001ミクロンの超微細孔フィルターになります。

このRO膜を通してお水の中に含まれている不純物の99%以上を除去するのですが、そこでろ過されるのはダイオキシンや農薬といった有害物質だけではなくミネラル分などの体に良いとされる成分も一緒にろ過されてしまいます。

RO膜でろ過されたお水は、不純物を含まない純水でピュアウォーターとも呼ばれます。

限りなく純水に近いお水なのですが、ミネラル分などを含まないのでお水本来が持っている味や風味などは一切ありません。

丁度白湯のような感じです。あれ、美味しくないですよね。ですので、RO膜でろ過されたこのピュアウォーターに人工的にミネラル分を配合してから市販されるというのが一般的なのです

RO水は、採水地がとくに特定されていないことが多い上に人工的に量産出来る特徴を持っているのでナチュラルミネラルウォーターなどに比べると安価で手に入れることができるのが特長です。

赤ちゃんなどの粉ミルクにも使用できるのがこのピュアウォーターです。

粉ミルクが持っている本来の成分を壊すことなくミルクを作れるので、小さいお子さんを持つご家庭に人気があるのがこちらのRO水です。

天然水とは?

一方、天然水とはろ過や沈殿・過熱殺菌以外の化学的処理や物理的処理を行っていない、採水地で採水された天然のお水、地下水のことを天然水と呼びます。

天然水というのは、自然なイメージがありますが、採水後は安全に飲めるようにろ過や加熱殺菌などの処理をして不純物を取り除いています。

天然水の採水地によって、配合されている成分が異なるのもポイント。また、自然によって何十,何百年もかけてろ過されたお水となるので、とても綺麗なお水でもあります。

 

天然水とRO水、ろ過処理について

天然水のろ過処理

基本的に天然水のほとんどは地下深くにある元々不純物の少ない綺麗なお水を使用しています。自然のミネラル分を残すために過剰なろ過を行っていません。

また、加熱処理を行っているメーカーと、非加熱処理のメーカーがあります。

限りなく天然に近いのが非加熱処理の天然水となりますが、この非加熱処理の天然水を販売しているメーカーは本当にごく一部となります。

加熱処理よりも、非加熱処理の方がコストが掛かってしまうためです。

RO水のろ過処理

RO膜というフィルターはろ過するパワーが非常に強いのです。

環境ホルモン、ダイオキシン、重金属類、細菌、ウイルス、トリハロメタン、塩素といったものまでろ過してしまいます。

当然ですが、天然水に含まれているミネラル分などもこの強力なフィルターによってろ過されてしまいます。ピュアウォーターは、ろ過された後のお水ということになります。

 

天然水とRO水のミネラル成分について

天然水のミネラル成分は

お水にミネラル成分が溶け込んでいるのでそのままお水と一緒にミネラル成分を摂取することができます。

ウォーターサーバーとして販売されているお水の中に含まれているミネラル成分には、カリウムやカルシウム、ナトリウム、マグネシウムなど。採水した場所によっては亜鉛やバナジウムなどを豊富に含むこともあります。

RO水のミネラル成分は

RO膜によってお水の中に入っていたミネラル分はろ過されてしまうので、ピュアウォーター自体にはミネラル成分は含まれていません。

ですが、RO水はミネラル成分を添加して市販されているケースが多いです。ただし、このミネラル成分をまったく添加せずにそのまま販売しているメーカーもあります。

 

天然水とRO水の採水地はどこ?

天然水の採水地

もっとも有名で、多くのウォーターサーバーメーカーが採用している採水地は富士山です。

他にも、南阿蘇や京都などの地方で採水されたお水を提供しているメーカーも。それぞれに含まれているミネラル分が異なるので、採水地でお水を選んでみるのもお勧めです。

RO水の採水地

基本的にRO水には天然水と異なり特定の採水地というものはありません。

ボトリングされる工場地域の水道水や河川水などを使用しています。そのお水をRO膜でろ過するので、天然水と異なりコストもそこまで掛からないため安価での提供となります。

ですが、アルピナウォーターは天然水をRO膜でろ過してRO水として販売していることもあります。

 

天然水とRO水のメリット

天然水のメリット

・健康や美容に良いとされるマグネシウムやカルシウムなどのミネラル分を豊富に含んでいる

・採水地によって含まれる成分や成分の分量が異なるため、天然水を選ぶ楽しさがある

・その地域に行かなければならないお水が自宅で気軽に楽しむことができる

 

RO水のメリット

・天然水に比べてコストが掛からないため天然水に比べると安価で入手できる・ピュアウォーターだから赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲める

・常に安全なお水を飲むことができる

 

天然水とRO水のデメリット

天然水のデメリット

・ミネラルが豊富=硬度が高いお水となるので、飲む人によってはお腹が緩くなります。・硬度が高いお水は赤ちゃんや小さなお子さんの内臓へ負担をかけてしまうので使えません。

・天然水は原水に依存するので、不純物やウイルスの混入がゼロとは言い切れない。

 

RO水のデメリット

・色々ろ過されてしまうので美味しくない、味気ない・採水地によって味や成分が違う、といった楽しみが一切ない

・健康や美容に良いとされるミネラル分を一切含んでいない

 

RO水と天然水の違いについて まとめ

天然水もRO水も、それぞれメリットとデメリットがあります。

家族構成や、お水を飲む人、用途に合わせた選び方をすると良いですね。

RO水→とにかくお水の安全性を気にする方や、赤ちゃんの粉ミルクにも使用したいと思っている方にオススメなお水。ペットにもオススメです。

天然水→美容や健康のためにお水を飲みたいと思っている方や、美味しいお水を楽しみたいという方にオススメなお水。

ウォーターサーバーメーカーによっては、お水の種類を好きな時に変えることができる!というメーカーもたくさんあります。

今月はこのお水にしたから、来月はこのお水を試してみよう!

子供が大きくなったからRO水から天然水にしてみよう

このお水、飽きちゃったからあっちの天然水にしてみよう

と気軽にお水の種類を変えることができるのもポイントです。

桜子桜子

天然水とRO水の違いをしっかりと把握して、是非自分や家族にピッタリなお水を選んで快適なウォーターサーバーライフを送ってみてはいかがでしょうか。