ウォーターサーバーの便利な使い方 飲用水として

桜子桜子

ウォーターサーバーを導入しているご家庭は多いと思います!ウォーターサーバーの便利な使い方は実は飲料水以外にも色々あることをご存知ですか?詳しくご紹介していきます!

まずは定番の”飲料水として”ですが、健康や美容のためにウォーターサーバーを利用している方は意外と多いものです。お水は、老廃物を運んでくれるだけではなく身体の栄養分なんかも運んでくれる必要不可欠な存在です。ですが、ただ闇雲にがぶ飲みすればいいというわけではなく、正しい飲み方をきちんとマスターすることが大事なのです。

1日の適量というのは計算式で出すことができます。単純な計算で出来るので是非計算してみましょう!

1日の水分量の適量(ml)=体重(kg)×30

 

となります。

体重が47kgの方であれば、1,410ml
体重が53kgの方であれば、1,590ml

 

といった具合に計算して自分の適量を算出してみましょう。そして、飲料水として飲むのであれば出来れば冷たいお水は避けて常温で飲むと良いですね!ウォーターサーバーの場合冷水or温水しか出ないので、半々で割ると丁度いい感じになります。

飲むタイミングですが、便秘の方は朝コップ1~2杯の冷たいお水を飲むことで腸内を刺激し便秘を解消することが出来ます。

お水はイライラ解消にも一役買ってくれるのですが、とくに日中コーヒーや紅茶、緑茶などをたくさん飲む方はお水を飲むことによって体からカフェインを抜くことができます。

カフェインが抜けると、イライラを解消してリラックス効果が期待できるため、是非日中カフェインを多く摂取している方は夜にたくさんのお水を飲んでみてください。

 

ウォーターサーバーの便利な使い方 コーヒーや紅茶・お酒などに

桜子桜子

こちらもオススメです!ウォーターサーバーのお水をコーヒーや紅茶、お酒などのドリンクに活用する方法です!

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc

コーヒー

ウォーターサーバーメーカーが提供している天然水の多くは硬度60度未満の”軟水”になります。

軟水で作ったコーヒーは、酸味の強いコーヒーが好きな方にピッタリ!実は軟水はコーヒーの苦味を抑えてまろやかな口当たりにしてくれるというメリットがあります。

逆に、苦いコーヒーが好き!という方は軟水よりも硬度120度以上の”硬水”を使用すると軟水を使用したときよりもコーヒーが持っている苦味を引き立ててくれるのでこちらがオススメです。

ウォーターサーバーから出るお水を使ってコーヒーを淹れることによって、カルキなどの雑味のない美味しいコーヒーを飲むことができるのでコーヒーが好き!美味しいコーヒーがある!という方は是非、ウォーターサーバーの温水を活用して美味しいコーヒーを淹れてみてはいかがでしょうか。

紅茶

紅茶にもっともピッタリなお水というのは、ミネラル分を適度(20~100mg/1リットル)に含んでいる軟水を使って淹れると良いといわれています。pH8.0程度のすこしアルカリ性寄りのお水が凄くオススメです。

逆に、紅茶にあまり向いていないお水というのは、ミネラル分を多く含んでいる(100mg以上/1リットル)硬水のお水や、pHが極端に低過ぎるor高過ぎるお水、空気をまったく含まないお水が紅茶にあまり向いていないと言われています。

 

一番お手軽なティーバッグでの美味しい紅茶の淹れ方
1.カップの中にお湯を入れて、ティーバッグを入れます。(1杯分=150~160ml。ティーバッグは基本的に1個につき1杯。)

2.受け皿やカップの口を覆うほどの大きさのお皿でフタをして蒸らします。(フタをすることで香りをしっかりと閉じ込めることが!蒸らし時間は商品によって異なるのでしっかりチェックしておきましょう!)

3.ティーバッグを数回軽く振ってから取り出す。(振りすぎたり、押したりすると紅茶の渋みだけが強くなってしまうのでオススメではありません)
※ポットで数回分をまとめて作りたい場合は、温めたポットに飲みたい分のティーバッグ(3杯なら3個)とその分の熱湯(3杯なら450ml)を淹れてフタをして蒸らす。ティーコゼーなどがあるとポットが冷めにくいのでオススメです。

お酒

ウォーターサーバーはお酒にもピッタリです!

日本酒はもちろん、ウイスキーを割る時にも便利です。水道水でも十分なのですが、ウォーターサーバーのお水を使うことによって、よりカルキなどの雑味などを気にすることなく美味しく飲むことができます。

もし、お酒用にペットボトルでお水を買っている方はこのウォーターサーバーは大変便利です。冷水・温水がすぐに出てくるので、お湯割りもあっという間に作れてしまいますよ。

スープやみそ汁に

桜子桜子

お料理をするときに使うお水といえば、やっぱりスープやお味噌汁ですよね!

ウォーターサーバーは、冷水・温水を利用できるのですが、温水を使って調理をすると時短にも繋がります。お湯を沸かすという時間を省くことができるだけではなく、ガス代も節約することができてしまうのです。

スープ

温かいものを食べたり飲んだりすると、身体がポカポカと温まります。スープに使う具材が根菜類(大根やにんじん、ごぼうなど)の場合、身体の芯から温めることが出来るので、冷え性を改善することも可能!

スープは一度にたくさん作って冷蔵庫などで保管すれば3日ほど食べられるので、休みの日などにまとめてスープのストックを作っておくようにすると仕事から帰宅しても温めるだけで良いのでとてもラクチンでお手軽なのです。

ここでオススメなのは、軟水です!とくにピュアウォーターは何も含まれていないので、野菜が持っている本来の味やうまみをより一層引き立てることができるのです。

ピュアウォーターはそのまま飲むとお水が持っている美味しさというものはあまり感じられないのですが、こういったスープに使うことでより一層美味しいスープを作ることができるためピュアウォーターを注文している!という方はスープでお水を使ってみるのもオススメです。

また、作るスープに動物性脂肪を含まない場合はダイエット効果も期待できます。

スープを食事のメインにすることで、摂取カロリーを大幅に減らせるので夕飯にスープを取り入れることによって自然とご飯を食べる量を減らすことが可能。新陳代謝をアップさせて健康的にダイエットができてしまうのです。

お味噌汁

お味噌汁もスープと同様で、身体の中から温めることが出来てしまいます!

ウォーターサーバーのお水は、出汁を取るのにもぴったりなお水です。

出汁というのは、使っているお水によって味が左右されるのです。出汁が持っているうまみを最大限に引きたてるには硬水よりも軟水が向いているといわれています。軟水の中には、適度にミネラル分が含まれているのですが、このミネラルが出汁のうまみ成分をアップさせてくれるのです。

反対に、硬水を使って出汁を取ると硬水に含まれている多くのミネラル分がうまみ成分と合体してしまって味を感じることができにくくなってしまうといわれています。

美味しい出汁を取りたい、いつものお味噌汁をランクアップさせたい!と思っている方は是非、軟水の水道水も良いのですがカルキなどの雑味が一切含まれていないウォーターサーバーのお水を活用してみてはいかがでしょうか。

 

ウォーターサーバーの便利な使い方 赤ちゃんの粉ミルクに

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93-1

赤ちゃんが産まれたからウォーターサーバーを導入した、というご家庭は意外と多いものです。水道水よりも安心して飲ませられるウォーターサーバーは赤ちゃんの粉ミルクや離乳食を作る時にも大活躍してくれます。

赤ちゃんに使えるお水は、硬度の低い軟水でピュアウォーターなどが安心です。また、ミネラル分を含んでいないので粉ミルクが持っている栄養素などを損なうことがありません。

通常、赤ちゃんのミルクは沸かしたお湯を使いますが100度近いお湯を冷ますとなるとかなりの時間が掛かってしまいます。冷ます時間が掛かるといって作り置きすることもできないので結果として赤ちゃんをお待たせしてしまいますよね。

 

そこで、冷水・温水が出てくるウォーターサーバーの出番です!

一番お手軽な方法は、ウォーターサーバーの冷水・温水両方を活用する方法です。

 

100ml程度を作る場合は、粉ミルクを哺乳瓶に入れてから温水を100ml全て入れるのではなく、2/3程度まで温水を入れて、哺乳瓶に乳首を取り付けてからよく振って粉ミルクうを溶かします。

そして粉ミルクが全て溶けたら残り1/3の冷水を入れます。

本来ならば、赤ちゃんの粉ミルクに冷水をそのまま使うことは出来ません。が、ピュアウォーターの場合99.9%ろ過されているお水であること、先ほど粉ミルクを溶かした温水で粉ミルクの殺菌もしっかりと行っているので、残り1/3に冷水を使用しても問題は無いのです。

2/3に温水を使って、残り1/3に冷水を入れることによって赤ちゃんが飲みやすいとされる人肌温度もあっという間に出来てしまうというわけなのです。

 

ウォーターサーバーメーカーによりますが、温水の温度は80度~90度が一般的となります。

沸かしたての100度近いお湯よりも冷めるスピードはこちらの方が早いのもポイント。冷水を入れたくないという方でも80度~90度は比較的早く冷めてくれるのでウォーターサーバーはかなり便利です。

 

また、ウォーターサーバーは電源さえ入っていれば24時間いつでも冷水・温水を出せるので、夜中のミルクもかなりラクになります。

赤ちゃんの粉ミルクにもサーバーを使いたい場合は、出来ればピュアウォーターがオススメです。

ピュアウォーターは雑菌や細菌、放射性物質といった原子の大きいものは勿論、身体によいと言われているミネラル分などもろ過するので完全に純度の高いお水となります。

ミネラル分は量によっては赤ちゃんの未発達な臓器に負担をかけてしまう恐れがあるので出来るだけ避けるのが良いとも言われています。ピュアウォーター(純水)にはこういった「大丈夫かしら?」という心配要素が一切無いので、安心して与えることができるお水なのです。

>>赤ちゃんのミルク作りにおすすめウォーターサーバー

 

ウォーターサーバーの便利な使い方 お米を炊くときに

桜子桜子

ウォーターサーバーの軟水は、実は和食ととっても相性の良いお水と言われています。

逆に、お米をしっかりと炊き上げるパエリアなどは軟水よりも硬水のほうが向いているといわれているのですが、パエリアを主食にしているという方は少ないと思うので普段のご飯を美味しく炊き上げたいと思っている方は軟水がオススメです!

水道水も硬度だけ見ると軟水なのでご飯を炊くのに向いているお水、という事になるのですが地域によっては塩素のニオイが気になったりまた水道水自体が美味しくないということもあるため、究極に美味しいご飯を炊くのであれば水道水はあまりオススメのお水とは言えません。

お米本来が持っている風味や味、香りなどを引き立てるにはやっぱり不純物の少ないお水がオススメです!

お米の味はお水で決まる、と言われていますが本当にそのとおりでウォーターサーバーのお水を使って炊き上げたお米は、そこまで高いお米ではなくてもふっくらと香りの良いご飯になるためいつものご飯がランクアップします。

これから新米の季節を迎えるので是非、美味しい新米を美味しいお水を使って炊き上げてみてください。

%e3%81%8a%e7%b1%b3

研ぎ方のコツ

お米は最初に触れたお水を勢いよく吸い上げます。ですので、一番最初に使うお水はウォーターサーバーから出した冷水を使いましょう。お米を研ぐ時からこのお水を使うことによって、炊き上がった時の味も大きく変わりますよ。

また、お米は出来るだけ素早くすすぎましょう!モタモタしているとお水に溶けた糠をお米が吸収してしまいます。お米を研いだら素早くすすぐ!これがポイントです。また、今は精米技術が物凄く発達しているのですすぎは2~3回程度でオッケーです。

お米を研ぐ時は、すすぎの時に使ったお水の量よりも少なくするのもポイントです。お水の中でお米をやさしく研いでも意味がないので、ここは”お米を磨く!”というのを意識して研ぎましょう。

ただ、ここであまりに力を入れてしまうとお米のでんぷん質が溶け出してしまい、お米の粘りが強くなってしまうので適度な力加減も大切です。

炊く前のコツ

ふっくらとしたご飯は、炊く前に30分ほど吸水させておきます。30分ほど吸水させるとお米の芯までお水が浸透して、炊飯器の熱の入りを促進してくれるのです。

美味しいご飯を炊くときは、

・最初に使用するお水
・炊く時に使用するお水

 

この2つで味や風味などが変わるので、是非ウォーターサーバーのお水を使って美味しいご飯を炊き上げてみてはいかがでしょうか。

 

ウォーターサーバーの便利な使い方 料理にも使える

桜子桜子

飲料水としても美味しいウォーターサーバーのお水ですが、お料理に使用しても勿論美味しいのです。

%e6%96%99%e7%90%86

天然水の場合、自然が育んできたミネラルが絶妙!ともいえるバランスで配合されています。

飲み水として美味しいお水というのは、普段のお料理に使用しても美味しく、また、ご飯などに使用するといつものお米がランクアップした味に変わるのでかなりオススメです。

とくにお米の場合、使用するお水によってその味や香りなどは大きく左右されるくらいお水はとても大事なものになります。

お米を炊き上げるときのお水は、超軟水であるピュアウォーターでも十分なのですがすこし欲を言えば”すこしのミネラル分を含んだ弱アルカリ性寄りの”お水と非常に相性が良いです。

反対に、ミネラル分を豊富に含んでいる硬水だとお米の中に十分にお水が浸透せずに炊き上がりがパッサパサになります。ですので、パエリヤやピラフなどは軟水よりも硬水が合っているといわれているのです。

お米だけではなく、日本料理は基本的に硬水よりも軟水が向いているといわれています。

 

というのも、日本国内の水道水は一部を除いて軟水となります。

ご飯をはじめ、お味噌汁や出汁を使うお料理にも軟水のほうがより出汁の美味しさを引き立てることが出来ます。軟水は硬水よりも水分の浸透率がよく、お料理の風味というものを最大限に引き出してくれるメリットがあります。お米はふっくらと、野菜は柔らかい状態に、お味噌の風味を損ねることもなく、そして味もよくなります。

軟水は赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲むことができるお水なのですが、お料理にもかなり使えるお水としても人気があります。

一方、ミネラル分を豊富に含んでいる硬水ですが、硬水は欧米諸国では一般的なお水になります。硬水は洋食料理でよく見かけるようなお肉の煮込料理やスープなどにピッタリなお水になります。

硬水はお肉を柔らかくしてくれるだけではなく、お肉のアク取りもしてくれるため肉料理との相性が良いのです。

お水には、硬水と軟水がありますが、この硬水と軟水を上手に使い分けることによっていつものお料理をすこしだけランクアップさせることも出来ます。

一方、RO水と呼ばれているピュアウォーターにはミネラル分などが一切含まれていません。ですが、このRO水も風味を活かしたいお料理などにかなり重宝するので、是非このRO水もお料理に活用してみてはいかがでしょうか。

食材だけではなく、お水にもこだわってみるとお料理がより一層楽しく感じられますよ!

 

ウォーターサーバーの便利な使い方 備蓄用に

桜子桜子

1本の中に結構な量が入っているガロンボトルなのですが、実はウォーターサーバーのお水は備蓄用のお水にも最適なのです。東日本大震災で安全なお水を求めてペットボトル入りのお水の買占めがあったのはまだまだ記憶にも新しいと思います。

これがキッカケで、ウォーターサーバーを導入したご家庭は多く年々増え続けています。

ウォーターサーバーメーカーによりますが、箱入りで届くメーカーの場合そのまま箱を積んでおくだけで保管することができるだけではなく、ボックスに非常時用コックを取り付けるだけでそのままいつでも利用できる工夫がされているので備蓄水としてウォーターサーバーを選ぶ場合は”非常時のときにスグに使える”ことも色々チェックしておくと便利です。

また、ウォーターサーバーのお水は未開封であれば賞味期限が比較的長いのもポイントです。

水道水を保管するというのは難しいので、こういう時に賞味期限の長いお水は非常に便利で安心です。新しいのが届いたら古い方を先に消費してしまえば無駄もありません。また、賞味期限は定期的にチェックするようにしましょう!

備蓄用のお水は、家の中で出来るだけ暗くて涼しい場所に保管しておくようにすると安心です。

>>ウォーターサーバーで送られてくるお水の賞味期限について

 

ウォーターサーバーの便利な使い方 まとめ

桜子桜子

ウォーターサーバーは、冷水・温水の両方が使える便利な家電製品になります。電気が通っていない状態でも常温のお水はコックをひねれば使えるため、断水時にも重宝するのがウォーターサーバーです。

このウォーターサーバーのお水は、普段の飲料水としてはもちろんのこと、赤ちゃんの粉ミルクや離乳食、コーヒーや紅茶、お酒として、スープやお味噌汁、そしてご飯を炊くときや料理にも大活躍するお水です。

お水には、大きく分けて天然水とRO水の二種類がありますが、多くのメーカーは軟水の天然水を提供しています。

>>RO水と天然水の違いの詳細はこちら

 

軟水は水道水と同じくらいの硬度になるので、小さなお子さんからお年寄りまで安心して飲むことができ、適度なミネラル分が含まれているので美容や健康を気にする方にもこの天然水はかなりオススメです!

 

一方、RO水はRO膜という特殊なフィルターでろ過されたお水なので、放射性物質や有害物質が気になる方にもオススメのピュアウォーターになります。

赤ちゃんでも安心して飲めるのはこちらのRO水と言われています。ピュアウォーターになるので、粉ミルクが持っている栄養を損ねることもありません。

また、天然水だと心配になる赤ちゃんへの内臓の負担が低いのもこちらになります。赤ちゃんでも飲める安心できるお水を求めている方はRO水についても色々チェックしてみると良いですね。

ウォーターサーバーのお水は毎日使うことも出来るのですが、開封していない未開封の状態で保存をしておくことも可能です。

多くのメーカーは未開封の状態だと半年~1年と賞味期限が長いので届いたらそのまま備蓄水として保管しておくことも可能です。

また、停電時サーバーは冷水・温水は使用できないのですが常温では使えるので万が一のときに備えておくのも良いと思います。

また、停電時サーバーは稼動していないので内部クリーニング機能なども停止してしまいます。ですので、既にサーバーにセットされたお水は開封済みとなるため出来るだけ早めに消費してしまうようにしましょう。雑菌が気になる場合は、飲料水ではなく生活用水として使うのも無駄がなくオススメです。

桜子桜子

ウォーターサーバーは浄水器にはないメリットがたくさんあります。家族構成やライフスタイルに合ったウォーターサーバーを見つけることでより一層便利なものになります。これまでウォーターサーバーを使っている方も、新しい使い方を知るとより一層その便利さを実感することができるのではないでしょうか。是非、飲料水以外でも様々な用途にウォーターサーバーのお水を活用してみてください。